SPLのデータ構造、ファイル操作

クラス階層図

注釈

  • データ構造とファイル操作を中心としたクラス階層図。(その他の継承関係は省略)
  • データ構造は、すべて Countable, Iterator インターフェースをインプリメントしているが、省略する。
クラス階層図

クラス概要

データ構造
class 名前 extends implements 概要
class SplDoublyLinkedList   SplDoublyLinkedList クラスは、双方向リンクリストの主要な機能を提供します。
class SplStack SplDoublyLinkedList   SplStack クラスは、スタックの主要な機能を提供します。 双方向リンクリストを使用して実装しています。
class SplQueue SplDoublyLinkedList   SplQueue クラスは、キューの主要な機能を提供します。 双方向リンクリストを使用して実装しています。
abstract SplHeap   SplHeap クラスは、ヒープの主要な機能を提供します。
class SplMaxHeap SplHeap   SplMaxHeap クラスは、ヒープの主要な機能を提供し、最大値を先頭に保ちます。
class SplMinHeap SplHeap   SplMinHeap クラスは、ヒープの主要な機能を提供し、最小値を先頭に保ちます。
class SplPriorityQueue   SplPriorityQueue クラスは、優先順位つきキューの主要な機能を提供します。 最大ヒープを使用して実装しています。
class SplFixedArray   SplFixedArray クラスは配列の主要な機能を提供します。 SplFixedArray と通常の PHP の配列との主な違いは、 SplFixedArray は固定長であって、 整数値で指定した範囲内の添字しか使用できないところです。 これにより、より高速な配列の実装が可能となりました。
class SplObjectStorage   SplObjectStorage クラスは、オブジェクトをデータに対応させたり、 データを渡さずオブジェクトセットとして使用したりします。 これらはどちらも、オブジェクトを一意に特定したい場合に便利です。
ファイル操作
class 名前 extends implements 概要
class SplFileInfo     SplFileInfo クラスは、各ファイルの情報を取得するための上位レベルのオブジェクト指向インターフェイスです。
class SplFileObject SplFileInfo SplFileObject クラスはファイルのためのオブジェクト指向のインターフェイスを提供します。
class SplTempFileObject SplFileObject   SplTempFileObject クラスは一時ファイルのためのオブジェクト指向インターフェイスを提供します。