ClangApplyReplacements

概要:引数のディレクトリー配下のソースコードを、整形した内容で上書き更新する。(clang-format -i)
参照:
ClangFormat-i 引数については、 引数(ソースコードとスタイルの指定方法)ソースコードを指定するファイルを上書きする を参照
スタイルオプションについては、 ClangFormatスタイルオプション を参照

警告

Clang 3.4 for Windows では動かない?(MinGW32 では未確認)

さらに、日本語を含むディレクトリーで、不正終了(clang-apply-replacements.exe は動作を停止しました)
C:\\>clang-apply-replacements フォルダー
Assertion failed: begin() + idx < end(), file ..\\include\\llvm/ADT/SmallVector.h,
line 140

注釈

どうしても、Windowsでディレクトリー指定で clang-format -i を実行したい場合の暫定手段。

ファイル:clang-apply-replacements.wsf (ver 20140317)
  • 引数のディレクトリー配下の全てのファイルにclang-format -iを実行する。(ファイルは全て上書きされる)
  • 引数は、ディレクトリー一つのみ有効(引数でのスタイル指定(-style=<string>)等は全て未対応)
  • バックアップを控えといて、差分で確認すること

-help

C:\Program Files (x86)\LLVM\bin>clang-apply-replacements.exe -help
USAGE: clang-apply-replacements.exe [options] <Search Root Directory>

OPTIONS:

Formatting Options:

  -format                   - Enable formatting of code changed by applying replacements.
                              Use -style to choose formatting style.
  -style=<string>           - Coding style, currently supports:
                                LLVM, Google, Chromium, Mozilla, WebKit.
                              Use -style=file to load style configuration from
                              .clang-format file located in one of the parent
                              directories of the source file (or current
                              directory for stdin).
                              Use -style="{key: value, ...}" to set specific
                              parameters, e.g.:
                                -style="{BasedOnStyle: llvm, IndentWidth: 8}"
  -style-config=<string>    - Path to a directory containing a .clang-format file
                              describing a formatting style to use for formatting
                              code when -style=file.

General options:

  -help                     - Display available options (-help-hidden for more)
  -help-list                - Display list of available options (-help-list-hidden for more)
  -remove-change-desc-files - Remove the change description files regardless of successful
                              merging/replacing.
  -version                  - Display the version of this program

C:\Program Files (x86)\LLVM\bin>

-help(テキトーな日本語)

C:\Program Files (x86)\LLVM\bin>clang-apply-replacements.exe -help
USAGE: clang-apply-replacements.exe [オプション] <サーチルートディレクトリー>

オプション:

書式設定オプション:

  -format                   - 変更したコードの書式設定を、置き換えを適用することを、有効にします。
                              [-style]を使って、書式スタイルを選択してください。
  -style=<string>           - 現在サポートしているコーディングスタイル:
                                LLVM, Google, Chromium, Mozilla, WebKit.
                              -style=file を使って、ソース·ファイル(または標準入力のカレントディレクトリー)
                              の親ディレクトリのいずれかにある .clang-format ファイル からスタイル設定をロードします。

                              -style="{key: value, ...}" を使って、特定のパラメーターを設定するには、例えば:
                                -style="{BasedOnStyle: llvm, IndentWidth: 8}"
  -style-config=<string>    - -style=file のコードの書式設定に使用する書式設定スタイルを記述した、
                              .clang-format ファイルを含むディレクトリへのパス。

一般的なオプション:

  -help                     - 利用可能なオプションを表示 (-help-hidden for more)
  -help-list                - 使用可能なオプションのリストを表示 (-help-list-hidden for more)
  -remove-change-desc-files - 置き換える/マージ にかかわらず、成功の変更の説明ファイルを削除します。
  -version                  - このプログラムのバージョンを表示

C:\Program Files (x86)\LLVM\bin>