Artistic Style(AStyle) の スタイルオプション(引数)

概要:Artistic Style(AStyle) のスタイルオプション(引数)の日本語の概要

スタイルオプション(引数)の日本語の概要一覧

注釈

ブラケットスタイルの詳細は、 Artistic Style(AStyle) の スタイルオプション(Bracket Style) を参照。
その他の引数の詳細は、Artistic Style(AStyle)ドキュメント を参照。
Artistic Style 2.04
カテゴリー スタイルオプション(ロング、ショート) 概要
ブラケット
スタイル
--style=allman / --style=ansi / --style=bsd / --style=break / -A1 ansi スタイル
--style=java / --style=attach / -A2 java スタイル
--style=kr / --style=k&r / --style=k/r / -A3 K & R スタイル
--style=stroustrup / -A4 stroustrup スタイル
--style=whitesmith / -A5 whitesmith スタイル
--style=banner / -A6 banner スタイル
--style=gnu / -A7 gnu スタイル
--style=linux / --style=knf / -A8 linux スタイル
--style=horstmann / -A9 horstmann スタイル
--style=1tbs / --style=otbs / -A10 1tbs スタイル
--style=google / -A14 google スタイル
--style=pico / -A11 pico スタイル
--style=lisp / -A12 lisp スタイル
タブ --indent=spaces=# / -s# 1インデントあたり # の数のスペースを使ってインデント
--indent=tab / --indent=tab=# / -t / -t# タブでインデント
--indent=force-tab=# / -T# インデントにすべてタブ文字を使用する
--indent=force-tab-x=# / -xT# インデントにタブ文字を使用する
括弧 --attach-namespaces / -xn namespace に{}を付ける
--attach-classes / -xc class に{}を付ける
--attach-inlines / -xl class のインライン関数に{}を付ける
--attach-extern-c / -xk extern “C” に{}を付ける
インデント --indent-classes / -C class内全体をアクセス修飾子ごとインデント
--indent-modifiers / -xG アクセス修飾子(public:、protected:、 private:)のインデント
--indent-switches / -S switch ブロック内の ‘case X:’ 文をインデント
--indent-cases / -K ブロックで囲まれている’case X:’ブロックをインデント
--indent-namespaces / -N 全ての namespace でインデントする
--indent-labels / -L goto文で使用するラベルのインデント
--indent-preproc-define / -w
(--indent-preprocessor は非推奨)
複数行の #define のインデント
--indent-preproc-cond / -xw プリプロセッサーの条件文をソースコードと同じレベルにインデント
--indent-col1-comments / -Y 一行コメントをコードに合わせてインデントする
--min-conditional-indent=# / -m# ヘッダーが複数行に構築されたときに追加される最小限のインデント
--max-instatement-indent=# / -M# 継続行をインデントするスペースの最大値を設定
パディング --break-blocks / -f ヘッダーブロック周辺に空行を挿入
--break-blocks=all / -F
クローズヘッダーブロック(例. else, catch)を独立したブロックとして
ヘッダーブロック周辺に空行を挿入
--pad-oper / -p 演算子(+ - * / など)の周辺にスペースを挿入
--pad-paren / -P 括弧()の外側と内側にスペースを挿入
--pad-paren-out / -d 括弧()の外側のみにスペースを挿入
--pad-first-paren-out / -xd 最初の括弧()の外側のみにスペースを挿入
--pad-paren-in / -D 括弧()の内側のみにスペースを挿入
--pad-header / -H 括弧のヘッダー(例. ‘if’, ‘for’, ‘while’...)のみの後にスペースを挿入
--unpad-paren / -U 括弧()の外側と内側のスペースを削除
--delete-empty-lines / -xd 関数やメソッドの中の空行を削除
--fill-empty-lines / -E 前の行のホワイトスペースで空行を埋める
--align-pointer=type / -k1
--align-pointer=middle / -k2
--align-pointer=name / -k3

ポインタと参照(* & ^)の位置

オプション 適用後
--align-pointer=type int* n;
--align-pointer=middle int * n;
--align-pointer=name int *n;
--align-reference=none / -W0
--align-reference=type / -W1
--align-reference=middle / -W2
--align-reference=name / -W3

参照(&)の位置

オプション 適用後
--align-reference=none (変更しない)
--align-reference=type int& n;
--align-reference=middle int & n;
--align-reference=name int &n;
フォーマット --break-closing-brackets / -y クローズヘッダー(else, catch)の手前で改行
--break-elseifs / -e else if の else で改行
--add-brackets / -j 波括弧{}無しのifとかに波括弧{}をつける
--add-one-line-brackets / -J 波括弧{}無しのifとかに一行完結の波括弧{}をつける
--remove-brackets / -xj 条件文から波括弧{}を削除
--keep-one-line-blocks / -O 一行ブロックをキープ
--keep-one-line-statements / -o 複雑な文および単一行に存在する複数の文をキープ
--convert-tabs / -c タブをスペースに変換する
--close-templates / -xy ‘<’ の後と、 ‘>’ の前のスペースを削除
--remove-comment-prefix / -xp
/*
 * <- このアスタリスクを削除
 */
--max-code-length=# / -xC# 最大列(行幅)数
--break-after-logical / -xL -xC で改行するときに論理演算子(||, &&)を行の後ろにする
--mode=c
--mode=java
--mode=cs

拡張子判定ではなく、直接ファイルタイプ(C、C#、Java)を指定する

オプション 概要
--mode=c C、C++、C++/CLI、およびObjective-C
--mode=java java
--mode=cs C#
Objective-C --align-method-colon / -xM  
--pad-method-prefix / -xQ  
--unpad-method-prefix / -xR  
--pad-method-colon=none / -xP
--pad-method-colon=all / -xP1
--pad-method-colon=after / -xP2
--pad-method-colon=before / -xP3
 
その他 --suffix=#### バックアップファイル名のサフィックス
--suffix=none / -n バックアップを作成しない
--recursive / -r / -R サブディレクトリーを再帰的に処理
--exclude=#### 処理から除外したいファイルやサブディレクトリー名を指定する
--ignore-exclude-errors / -i 無視するエラー
--ignore-exclude-errors-x / -xi 無視するエラー
--errors-to-stdout / -X 標準出力ではなく、標準エラー出力にエラーを出力する
--preserve-date / -Z 変更された元のファイルの日付と時刻を保持
--verbose / -v 詳細情報を表示
--formatted / -Q フォーマットされたファイルだけを表示
--quiet / -q エラーメッセージを除くすべての出力を抑制
--lineend=windows / -z1
--lineend=linux / -z2
--lineend=macold / -z3

改行コード

オプション 適用後
--lineend=windows \r\n
--lineend=linux \r
--lineend=macold \n
コマンド ライン のみ --options=#### オプションファイル #### を指定する
--options=none オプションファイルを無視して、コマンドラインパラメータのみを適用する。
--ascii / -I 表示される出力を、ASCII文字のみとする
--version / -V バージョン情報
--help / -h / -? ヘルプ表示